04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

秋田最弱賢者のQMA回収ブログ

ステラグロウはいいぞ。

経済・ビジネス検定 連想 

ヒント1:東京大学文学部を中退
ヒント2:1996年にオン・ザ・エッヂを設立
ヒント3:「想定の範囲内」
ヒント4:元ライブドア社長
A.堀江貴文

ヒント1:東京大学経済学部を卒業
ヒント2:大学在学中に求人サイトを開設
ヒント3:イー・マーキュリーを創設
ヒント4:ミクシィの社長
A.笠原健治

ヒント1:一橋大学商学部を卒業
ヒント2:父は神戸大学の名誉教授
ヒント3:日本興業銀行を辞め起業する
ヒント4:楽天の創業者
A.三木谷浩史

ヒント1:青山学院大学経営学部を卒業
ヒント2:渋谷ではたらく社長のアメブロ
ヒント3:前夫人は女優・奥菜恵
ヒント4:サイバーエージェントの創業者
A.藤田晋

ヒント1:ローム
ヒント2:ワコール
ヒント3:宝酒造
ヒント4:任天堂
A.京都府に本社を置く

ヒント1:クレディア
ヒント2:シャンソン化粧品
ヒント3:はごろもフーズ
ヒント4:タミヤ
A.静岡県に本社を置く

ヒント1:アンデルセン
ヒント2:福留ハム
ヒント3:オタフクソース
ヒント4:マツダ
A.広島県に本社を置く

ヒント1:1758年に刊行
ヒント2:フランスの階級を3つに分類
ヒント3:人体の血液循環を模した図表
ヒント4:著者はケネー
A.『経済表』

ヒント1:1776年に刊行
ヒント2:自由放任主義経済を説く
ヒント3:労働価値説
ヒント4:著者はアダム・スミス
A.『諸国民の富』

ヒント1:1798年に刊行
ヒント2:日本へは大島貞益らが紹介
ヒント3:社会主義思想を批判
ヒント4:著者はマルサス
A.『人口論』

ヒント1:1817年に刊行
ヒント2:三大階級間の分配法則を研究
ヒント3:投下労働価値説がベース
ヒント4:著者はリカード
A.『経済学および課税の原理』

ヒント1:1867年に刊行
ヒント2:弁証法的唯物論をベースとする
ヒント3:社会主義への転換を主張
ヒント4:著者はマルクス
A.『資本論』

ヒント1:限界効用理論を確立
ヒント2:著書『純粋経済学要論』
ヒント3:「一般均衡理論」を提唱
ヒント4:ローザンヌ学派を創始
A.レオン・ワルラス

ヒント1:1999年10月に開設
ヒント2:ガイアックスなどが上場
ヒント3:時価総額5億から上場可能
ヒント4:名古屋証券取引所が解説
A.セントレックス

ヒント1:1999年11月にオープン
ヒント2:上場第1号は現・ニューディール
ヒント3:まんだらけ、ミクシィなどが上場
ヒント4:東京証券取引所が開設
A.マザーズ

ヒント1:2000年4月にオープン
ヒント2:健康コーポレーションなどが上場
ヒント3:クラーク博士の名言から
ヒント4:札幌証券取引所が解説
A.アンビシャス

ヒント1:2000年5月に開設
ヒント2:TRUCK-ONEなどが上場
ヒント3:最も上場基準が緩い証券市場
ヒント4:福岡証券取引所が開設
A.Q-Board

ヒント1:戦後の好景気
ヒント2:なべ底不況の前
ヒント3:1955年~1957年
ヒント4:初代天皇
A.神武景気

ヒント1:戦後の好景気
ヒント2:日本神話から命名
ヒント3:なべ底不況の後
ヒント4:1959年~1961年
A.岩戸景気

ヒント1:戦後の好景気
ヒント2:日本神話から命名
ヒント3:国際収支の黒字が定着
ヒント4:1965年~1970年
A.いざなぎ景気

ヒント1:オーストリア生まれの経営学者
ヒント2:『ネクスト・ソサエティ』
ヒント3:「マネジメント」の分野を確立
ヒント4:2010年頃に日本でも話題に
A.ピーター・ドラッカー

ヒント1:会社型と契約型
ヒント2:アメリカでは1960年代に登場
ヒント3:日本では2000年に解禁
ヒント4:直訳すると「不動産投資信託」
A.リート
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://waddledoo.blog14.fc2.com/tb.php/679-d34207b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top