06« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»08

秋田最弱賢者のQMA回収ブログ

ステラグロウはいいぞ。

海洋学検定 並べ替え 

・「大きく膨らむ胃」「大きく開く口」をもち、自分よりも大きな獲物を食べることが出来るというスズキ目の魚は?→オニボウズギス
・(画像問。)パンダイルカと呼ばれるのは?→イロワケイルカ
・2011年に、サンゴの起源が定説より2億年以上さかのぼることが判明したのは、何というサンゴの全遺伝情報を解読したため?→コユビミドリイシ
・現地では「メールストローム」と呼ばれる、ノルウェーのロフォーテン諸島で発生する強い潮流を何という?→モスケンの大渦巻
・いわゆる「シーモンキー」がこれにあたる、甲殻類の成長過程で最も初期の幼生を何という?→ノープリウス
・「しんかい6500」などによる探査で知られる、独立行政法人海洋研究開発機構のアルファベットでの略称は?→JAMSTEC
・深海性であるため生態はほとんど分かっていない、成熟しても体長約20cmという最も小さい種類のサメ類は?→ツラナガコビトザメ
・ヒカリボヤなどの生物を襲撃して中身を食べてしまい、空となった外皮に住み着くという非情な習性をもつ深海生物は?→オオタルマワシ
・海水浴での事故の原因となる、波打ち際にうち寄せて行き場の無くなった波が、沖へ戻る際に生じる強い流れを何という?→リップカレント
・「カラフトイワナ」とも呼ばれる、知床半島などに見られる魚は?→オショロコマ
・別名を「マジェスティック・エンジェル」という、その青と黄色の派手なカラーで有名な海水魚といえば?→イナズマヤッコ
・柳の葉のような形をしているウナギやウミヘビの幼生のことを何という?→レプトセファルス
・微生物の棲みかとなっている石灰化した珊瑚の死骸を何という?→ライブロック
・カワスズメ科の魚シクリッドの一部などに見られる、親が卵や稚魚を自らの口の中で育てる種類の魚を何という?→マウスブルーダー
・アマゾン川のポロロッカ同様の水の逆流現象で知られるイギリスの川は?→セヴァーン川
・別名を「タイセイヨウハシナガイルカ」という大西洋のみに生息するイルカは?→クライメンイルカ
・「最も集光能力のある目を持つ生き物」としてギネスブックにも登録された、深海に棲む球状の生物は?→ギガントキプリス
・「ガラス海綿」とも呼ばれるその美しさから観賞用にも利用されている、海底に突き刺さった細長い籠状の海綿といえば?→カイロウドウケツ
・ダイビング愛好家の憧れの魚・マンタは2種類に分類すると「ナンヨウマンタ」と?→オニイトマキエイ
・ロシア帝国海軍ステバン・マカロフ提督が建造させた、世界最初の砕氷船の名前は?→イェルマーク
・日本の金魚がイギリスで品種改良されたものであるハート型の尾びれで人気を呼んでいる金魚は?→ブリストル朱文金
・ナポレオンの帽子を連想させるコブが目立つことから「ナポレオンフィッシュ」と呼ばれる魚の和名は?→メガネモチノウオ
・2012年に「赤ちゃんのハイハイ程度の速さ」で泳ぐことが判明した、「世界一のろい魚」ともいわれるサメの一種は?→ニシオンデンザメ
・イギリスのテレビ番組『THE BLUE PLANET』がもとになっている、2003年の海洋ドキュメンタリー映画は?→ディープ・ブルー
・2011年に「口にくわえた貝を岩に当て、割って中身を食べる」姿が確認され、「道具を使う野生の魚」として話題となったのは?→シロクラベラ
・日本語では「水温躍層」という海や湖で、温かい水と冷たい水の境目となる層のことを何という?→サーモクライン
・美容にも良いため化粧品にも重宝されている、貝殻を構成するタンパク質を主とする成分は?→コンキオリン
・サメなどに見られる哺乳類の子づくりのような役割を果たす「交尾器」を何という?→クラスパー
・和名を「ヤイトハタ」という魚を、沖縄で何と呼んでいる?→アーラミーバイ
・通常、イルカを英語で「DOLPHIN」といいますがネズミイルカは特に何という?→PORPOISE
・世界気象機関とユネスコの政府間海洋学委員会が合同で推進している、「全世界海洋情報サービスシステム」の略称は?→IGOSS
・ノルウェーの海洋学者の名前にちなむ、海流における流量の計量に使う、記号Svで表される単位は?→スベルドラップ
・昔は近寄ってきた人間をとって食うという伝説があった世界最大の二枚貝は?→オオシャコガイ
・クジラの死骸の周囲にのみ生息している、赤く細い羽毛のような姿をした深海生物は?→ホネクイハナムシ
・暖かい海の深海に棲むヨコエソやギンハダカは○○○○○○○目に分類される魚?→ワニトカゲギス
・毒蛇の中で最強の毒を持つとされる、アジアのティモール海などに棲むウミヘボは○○○○○ウミヘビ?→ベルチャー
・明治時代に東京湾で調査を行った外国人の名前が付いた、電球のような姿のクラゲは○○○○○クラゲ?→ドフライン
・中毒症「シガテラ」の名前の由来になった、中米で「シガ」と呼ばれる貝は?→チャウダーガイ
・クジラが波間から頭の先だけを潜望鏡のように出して辺りをうかがう行動のことを何という?→スパイホッピング
・クジラが体を尾びれから持ち上げて、捻って胴体後部を海面に叩き付ける行動のことを何という?→ペダンクルスラップ
・マリアナ海溝の水面下10900mの地点で採取された世界最深部で発見された動物は○○○○○○○○エビ?→カイコウオオソコ
・貝殻にスリットと呼ばれる隙間があるのが特徴的な巻き貝で「生きている化石」の一つとされるのは?→オキナエビスガイ
・ヒメウミガメ属のウミガメだけが行う、浜を埋め尽くすほどの大群で産卵をする習性を何という?→アリバダ
・サザエは○○○○○○○○科の貝?→リョウテンサザエ
・その一部をモザンビーク海流という、アフリカ大陸南東岸から南アフリカ沖へと流れこむ強大な海流は?→アグラハス海流
・イルカやクジラ、ウミガメなど本来海に生息しているはずの生物が海岸に打ち上がったり、河口に迷いこむことを何という?→ストランディング
・中央インド洋海嶺、南西インド洋海嶺、南東インド洋海嶺が交わっている地点を「○○○○○三重点」という?→ロドリゲス
・2007年に北海道・羅臼漁港沖で発見され、2012年に新種であると確認された、うろこが無くゼリー質の層に覆われた魚は?→タマコンニャクウオ
・トビハゼやムツゴロウなど干潟の泥の中で暮らす魚の英語での呼称は?→マッドスキッパー
・沖縄では「ハブガイ」と呼ばれる、インドネシアの地名に由来する名を持つ強烈な毒性で有名な貝は?→アンボイナガイ
・外見が似ているメジロザメとは異なって、おとなしい性格を持つ温暖な海の珊瑚礁に見られるサメは?→ネムリブカ
・珊瑚礁の海に棲み他の魚の体の寄生虫を食べる「クリーニング」の習性で有名なベラ科の魚は?→ホンソメワケベラ
・サメの頭に存在するわずかな電流をも感じとる器官のことを何という?→ロレンチーニ器官
・海底にいる時には胸びれと尾びれから長く伸びた合計3本の軟骨で砂の上で休息する深海魚の一種は○○○○○○・フィッシュ?→トライポッド
・日本に生息する等脚類では最大のものとして知られる、深海の底や大陸棚に棲み、魚の死骸などを食べて暮らす生物は?→オオグソクムシ
・その毒性から英語で「海のイラクサ」という意味があるクラゲは?→シーネットル
・体表に硫化鉄の鱗を持っていることから「鉄の鱗を持つ生物」として話題となった、2001年にインド洋で発見された巻貝は?→スケーリーフット
・肛門付近から墨汁のような液を噴出するという奇妙な習性をもつアカマンボウ目の魚は?→アカナマダ
・大きいものでは体長80cmにも達する、日本最大級のヒトデは?→オオフトトゲヒトデ
・「生きている化石」とも呼ばれる魚・シーラカンスを、アフリカ・コモロ諸島の現地民たちは何と呼んでいる?→ゴンベッサ
スポンサーサイト
海洋学検定  /  tb: 0  /  cm: 3  /  △top

この記事に対するコメント

スケーリーフットの問題文です↓
・体表に硫化鉄の鱗を持っていることから「鉄の鱗を持つ生物」として話題となった、2001年にインド洋で発見された巻貝は?

URL | すっぴん #-

2012/09/01 12:54 * 編集 *

問題文提供ありがとうございますm(_ _)m
問題更新時に一緒に訂正させて頂きます。

URL | ナックルJO #-

2012/09/01 15:31 * 編集 *

このサイトを利用させてもらってます。ありがとうございます。

ゴンベッサの問題文です。

・「生きている化石」とも呼ばれる魚・シーラカンスを、アフリカ・コモロ諸島の現地民たちは何と呼んでいる?

URL | 829 #-

2016/12/13 05:24 * 編集 *

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://waddledoo.blog14.fc2.com/tb.php/651-a36a77f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top