03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

秋田最弱賢者のQMA回収ブログ

ステラグロウはいいぞ。

文系キューブ101~200 

Q101・小説『三角帽子』で有名な19世紀スペインの作家です→アラルコン
Q102・小説『あしながおじさん』の作者はジーン・○○○○○○?→ウェブスター
Q103・フランスの詩人アポリネールの代表作は『○○○○橋』?→ミラボー
Q104・イギリスのカートライトが発明した紡績機→りきしょっき
Q105・同じ境遇でも心のうちは違うという意味の熟語です→どうしょういむ
Q106・長い首や細長い顔を特徴とするエコール・ド・パリの画家→モディリアニ
Q107・作家ヴォネガットの代表作は『○○○○○○○○5』?→スローターハウス
Q108・スリランカの首都の名の由来となった、同国の元大統領→ジャヤワルデネ
Q109・小説『アタラ』『ルネ』で有名なフランスの作家です→シャトーブリアン
Q110・かつて現在のシリア西部に存在した古代都市国家です→ウガリット
Q111・20世紀の初頭に誕生した絵画の一派です→キュビスム
Q112・誰もが欲しくてたまらないものです→すいぜんのまと
Q113・小説『蠅の王』で有名なイギリスの作家です→ゴールディング
Q114・別名を郎世寧といった、中国の清朝に使えたイエズス会宣教師→カスティリオーネ
Q115・英語の「marriage」に当たるフランス語の言葉→マリアージュ
Q116・インダス文明を生んだとされる民族は「何人」?→ドラヴィダ
Q117・2年に一度開催される、国際的な展覧会のことを何という?→ビエンナーレ
Q118・1991年にノーベル文学賞を受賞した南アフリカの作家→ゴーディマ
Q119・「成長の限界」を提言した世界の知識人による団体→ローマクラブ
Q120・紀元前16世紀頃メソポタミア北部にフルリ人が建国した国→ミタンニ
Q121・ワーズワースとの共著『抒情詩集』で有名な詩人→コールリッジ
Q122・徳川秀忠・家光・家綱の3代に仕えた江戸時代の武将→いいなおたか
Q123・チェーホフの小説『三人姉妹』で主人公の姉妹は何家の姉妹?→プローゾロフ
Q124・日本麻雀連盟初代総裁も務めた明治生まれの作家→きくちかん
Q125・アメリカ独立戦争と七月革命で活躍したフランスの軍人→ラファイエット
Q126・ベルベル人が興した北アフリカのイスラム王朝→ムラービト
Q127・1894年、治外法権を撤廃する条約改正に成功した外務大臣→むつむねみつ
Q128・ラテン語で「第一の市民」を意味するオクタヴィアヌスの称号→プリンケプス
Q129・1938年にドイツが併合したチェコとの国境付近の地域→ズデーテン
Q130・豊臣秀吉の正室です→こうだいいん
Q131・応天門の変をおこした平安時代の大納言→とものよしお
Q132・『ソクラテスの思い出』を著した古代ギリシャの文筆家・将軍→クセノフォン
Q133・古代エジプトのファラオラムセス2世王妃です→ネフェルタリ
Q134・1949年に西ドイツの初代首相に就任した政治家です→アデナウアー
Q135・韓国の初代大統領です→イスンマン
Q136・メキシコにあるマヤ文明の遺跡です→パレンケ
Q137・やっとのことで逃げ出す様子です→ほうほうのてい
Q138・約200年にわたるローマ帝国の黄金時代→パックスロマーナ
Q139・現在使われている、一般的にイギリス連邦を指す用語→コモンウェルス
Q140・平将門を主人公にした軍記物語→しょうもんき
Q141・エジプト司令官としてファショダ事件を起こしたイギリスの軍人→キッチナー
Q142・1793年、清の乾隆帝に謁見したイギリスの外交官→マカートニー
Q143・ムガール帝国の徴税請負地主のことを何という?→ザミンダール
Q144・「議論」「論争」を意味する英単語です→ARGUMENT
Q145・1934年にノーベル文学賞を受賞したイタリアの作家→ピランデルロ
Q146・柳田国男はこの人の話を『遠野物語』にまとめました→ささききぜん
Q147・第一次世界大戦後のパリ会議に出席したフランス首相→クレマンソー
Q148・宮沢賢治の小説『竜と詩人』に登場する竜です→チャーナタ
Q149・小説『レ・ミゼラブル』で主人公ジャンが市長となった都市→モントルイユ
Q150・メソポタミアの都市国家ラガシュの主→ウルカギナ
Q151・三十年戦争で活躍したオーストリアの傭兵隊長です→ワレンシュタイン
Q152・第一次世界大戦が勃発した当時のドイツ帝国首相です→ホルヴェーク
Q153・「白の時代」で有名なエコール・ド・パリの画家→ユトリロ
Q154・小説『ル・シッド』で有名な17世紀フランスの劇作家→コルネイユ
Q155・875年、唐の末期に起きた「黄巣の乱」の中心人物です→おうせんし
Q156・小説『蒼ざめた馬』で知られるロシアの作家→ロープシン
Q157・「邪魔する」という意味の英単語です→DISTURB
Q158・フランス東インド会社の拠点となった都市です→ポンディシェリ
Q159・小説『裸の王様』で芥川賞を受賞した作家です→かいこうたけし
Q160・「世界の結び目」と呼ばれたヘレニズム文化の中心地→アレクサンドリア
Q161・フランスの哲学者・アベラールとの往復書簡で知られる彼の弟子→エロイーズ
Q162・フランス語で「のん気な」→ノンシャラン
Q163・詩集『ミラボー橋』で有名なフランスの詩人です→アポリネール
Q164・宗教改革や遷都などを行ったエジプト新王国の王は何4世?→アメンホテプ
Q165・女優サラ・ベルナールを描いた画家ミュシャの代表作です→ジスモンダ
Q166・ウィーン会議を主宰したオーストリアの政治家→メッテルニヒ
Q167・町人請負新田として知られる越後国蒲原郡の干拓地→しうんじがた
Q168・明治憲法の制定に尽力したドイツの法学者→ロエスレル
Q169・1864年にロシア帝国に置かれた地方自治体の機関→ゼムストボ
Q170・ドイツのヨハン・シュライヤーが生み出した人工言語です→ヴォラピューク
Q171・「殴る」という意味の讃岐弁の動詞です→くらっしゃげる
Q172・国際連合の初代事務総長は○○○○・○○?→トリグブリー
Q173・「とても親密な友情」を意味する故事成語です→ばつぼくのちぎり
Q174・20世紀に活躍したフランスのマルクス主義哲学者です→アルチュセール
Q175・「ミスター・ニエット」と呼ばれたソ連の外交官→グロムイコ
Q176・一般に「人類」という意味がある英単語です→MANKIND
Q177・オスカー・ワイルドの小説『サロメ』の挿絵を描いた画家→ビアズリー
Q178・ベルリンの壁を構築した東ドイツの首相→ウルブリヒト
Q179・パン・イスラム主義を唱え西アジア各地を回った思想家→アフガーニー
Q180・中国の「新」を滅ぼした農民反乱→せきびのらん
Q181・モスクワにある、ロシアの画家の作品が多く収められた美術館→トレチャコフ
Q182・「花飾り」という意味があるルネサンス期のイタリアの画家→ギルランダイオ
Q183・1215年イギリスのジョン王がマグナ・カルタに署名した場所→ラニーミード
Q184・罪刑法定主義の基礎を作り近代刑法学の父といわれた法学者→フォイエルバッハ
Q185・1936年、ドイツが軍隊を進駐させた非武装地帯→ラインラント
Q186・東ローマ帝国最後の王朝は○○○○○○朝?→パレオロゴス
Q187・1848年にフランスで起きた二月革命の指導者です→ラマルティーヌ
Q188・6世紀~14世紀に中国北西部で活躍したチベット系民族→タングート
Q189・セレウコス朝シリアの首都となった都市です→アンティオキア
Q190・『ガリア戦記』第8巻の書いたカエサルの部下は?→ヒルティウス
Q191・『わが名はアラム』『人間喜劇』で有名なアメリカの作家です→サローヤン
Q192・動物学者・丘浅次郎が創案した人工言語です→ズィレンゴ
Q193・作家のマルキ・ド・サドが亡くなった精神病院の名前は?→シャラントン
Q194・キリスト教徒からの改宗者を中心としたオスマン帝国の常備歩兵→イェニチェリ
Q195・モリエールの小説『人間ぎらい』で主人公が恋に落ちる未亡人→セリメーヌ
Q196・マラトンの戦いで活躍したアテネの将軍です→ミルティアデス
Q197・1912年にノーベル文学賞を受賞したドイツの作家です→ハウプトマン
Q198・90歳という意味がある言葉です→ここのそじ
Q199・20世紀に活躍したフランスのマルクス主義哲学者です→リオタール
Q200・赤シャツ隊を率いてイタリア統一に貢献しました→ガリバルディ
スポンサーサイト
文系キューブ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://waddledoo.blog14.fc2.com/tb.php/494-f8960785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top