05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

秋田最弱賢者のQMA回収ブログ

ステラグロウはいいぞ。

文系キューブ501~600 

Q501・1004年に遼の聖宗と宋の真宗が結んだ平和条約のこと→せんえんのめい
Q502・「混ぜ合わせること」を意味する英語の動詞です→コンパウンド
Q503・著書に『第二の性』がある哲学者サルトルの妻は?ボーボワール
Q504・アメリカ西部の開拓を促した1862年成立の法律は「?法」→ホームステッド
Q505・スリランカの首都の名の由来となった、同国の元大統領→ジャヤワルダネ
Q506・イギリスの画家ターナーの代表作に描かれた戦艦は○○○○○号?→テメレール
Q507・フランスの作家フローベールの代表作は『○○○○○夫人』?→ボヴァリー
Q508・1961年に第1回女流文学賞を受賞した作家です→あみのきく
Q509・ドイツ国会議事堂放火事件で逮捕されたブルガリアの革命家→ディミトロフ
Q510・1697年にファルツ戦争の講和条約が結ばれた都市→ライスワイク
Q511・一つの物を、色々な角度から観察する様子をいった言葉です→ためつすがめつ
Q512・大和朝廷が任じていた地方官です→くにのみやつこ
Q513・『供述によるとペレイラは…』で有名なイタリアの作家です→タブッキ
Q514・代表作に『接吻』があるオーストリアの画家です→クリムト
Q515・厳しい軍事教育の基礎を作った古代スパルタの伝説的立法者です→リュクルゴス
Q516・「避難」という意味がある英単語です→REFUGE
Q517・美しい女性を、言葉が分かる花に見立てた言葉です→かいごのはな
Q518・古代ローマの護民官→トリビューン
Q519・詩集『ルバイヤート』で有名なペルシャの詩人→ハイヤーム
Q520・20世紀初頭にインドで唱えられた民族の独立を意味するスローガン→スワラージ
Q521・豊臣秀吉の正室です→こうだいいん
Q522・おでこという意味のペンネームを持つ19世紀ドイツの哲学者→シュティルナー
Q523・日本を島の集まりとして捉える作家・島尾敏雄が提唱した概念→ヤポネシア
Q524・オスマン帝国最盛期の王スレイマン1世の別名です→カーヌーニー
Q525・クルト・シュビッタースが1920年代に起こした芸術運動→メルツバウ
Q526・スペインのカラバッジョと呼ばれた画家→スルバラン
Q527・叙事詩『ラーマーヤナ』を編纂した古代インドの詩人→バールミーキ
Q528・肖像画で有名な18世紀イギリスの画家はトマス・○○○○○○?→ゲインズバラ
Q529・小説『死の勝利』で有名なイタリアの作家→ダヌンツィオ
Q530・プラド美術館が所蔵するレンブラントの作品です→アルテミシア
Q531・2014年のノーベル文学賞を受賞したフランスの作家→モディアノ
Q532・代表作に『パリの通り、雨』がある印象派の画家です→カイユボット
Q533・ファショダ事件を解決し、ドイツ包囲網を形成したフランスの外相→デルカッセ
Q534・魔女に連れ去られようとしている男を描いた、ゴヤの絵画です→アスモデア
Q535・ラテン語で「何事にも動じない」という意味の言葉です→ニルアドミラリ
Q536・フランス東インド会社の拠点となった都市です→シャンデルナゴル
Q537・荒俣宏のかつてのペンネームの由来になったアイルランドの作家→ダンセイニ
Q538・シュメールの記録に登場するアラビア半島に栄えた古代文明→ディルムン
Q539・代表作に『弓を引くヘラクレス』があるフランスの彫刻家は?→ブールデル
Q540・「紅一点」という言葉の出典となった詩を書いた、中国の詩人→おうあんせき
Q541・1903年にノーベル文学賞を受賞したノルウェーの作家→ビョルンソン
Q542・トレヴィシックが発明した世界初の蒸気機関車は「?号」?→ペナダレン
Q543・小説『賢妃マンドハイ』などの作品があるモンゴルの作家→ナツァグドルジ
Q544・「顔の無い作家」と呼ばれたフランスの哲学者・文芸批評家→ブランショ
Q545・『テレーズ・デスケルー』の作者はフランソワ・○○○○○○?→モーリヤック
Q546・エチオピアの初代大統領です→メンギスツ
Q547・1918年に就任したポーランドの国家首席→ピウスツキ
Q548・インド神話に登場する音楽を奏でる半神半獣の精霊→ガンダルヴァ
Q549・第2代インド総督を務めたポルトガルの軍人です→アルブケルケ
Q550・室町時代の惣村の村人がみずから警察権を行使すること→じげけんだん
Q551・実在主義を代表するドイツの哲学者です→ヤスパース
Q552・幕末に長崎に来日し、明治政府の法律顧問となったオランダ人→フルベッキ
Q553・シェークスピアの『オセロ』で主人公・オセロが愛する女性は?→デズデモーナ
Q554・『マハーバーラタ』と並ぶ古代インドの大叙事詩→ラーマーヤナ
スポンサーサイト
文系キューブ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

文系キューブ401~500 

Q401・「喜び」「悲しみ」を意味する英単語です→PLEASURE
Q402・パルティア王国とササン朝ペルシャの首都→クテシフォン
Q403・アメリカ労働総同盟(AFL)の初代会長を務めた労働運動家→ゴンパーズ
Q404・ルター派の諸侯・都市が結成した反皇帝同盟は「?同盟」→シュマルカルデン
Q405・「女性」を意味するフランス語の単語です→FEMME
Q406・モリエールの小説『人間嫌い』の主人公です→アルセスト
Q407・画家ゴッホが生まれたオランダの村はフロート・○○○○○?→ズンデルト
Q408・1734年に一般公開されたローマにある美術館です→カピトリーノ
Q409・本来は「焼き印のない牛」という意味でいわゆる「一匹狼」のことです→マーベリック
Q410・東京の「有楽町」に名を残す織田信長の弟→おだうらくさい
Q411・古代ギリシャで僭主の出現を防止する投票に使った陶片のこと→オストラコン
Q412・第一次世界大戦でドイツの降伏調印式が行われた場所→コンピエーニュ
Q413・西ローマ帝国を滅ぼしたゲルマン出身の傭兵隊長→オドアケル
Q414・『相互扶助論』を著したロシアの無政府主義者→クロポトキン
Q415・慈円の著書です→ぐかんしょう
Q416・初代駐日総領事・ハリスの通訳を務めました→ヒュースケン
Q417・古代ローマ帝国皇帝ネロの母親です→アグリッピナ
Q418・オクラホマに強制移住させられたアメリカの先住民族です→チェロキー
Q419・唯一の小説『オーベルマン』で知られるフランスの作家です→セナンクール
Q420・ノルウェー国歌の作詞もした同国のノーベル賞作家です→ビョルンソン
Q421・395年、その死に際し帝国を東西2つに分けたローマ皇帝→テオドシウス
Q422・ロンドンで「東インド協会」設立の中心となった思想家→ナオロジー
Q423・フランス、ロマン派の作家スタール夫人の代表作です→デルフィーヌ
Q424・打ち消しの「な」をともなって「決して」の意味になります→あなかしこ
Q425・古代ギリシャの都市国家・スパルタの劣等市民のこと→ペリオイコイ
Q426・古代の都市ペルガモンにちなむ羊皮紙のことをいう英単語→パーチメント
Q427・世阿弥が著した能楽の理論書→ふうしかでん
Q428・動物語を話せる医者を描いた『ドリトル先生』シリーズの作者→ロフティング
Q429・フランスを代表する文学賞の一つである「○○○○○賞」?→ゴンクール
Q430・アンデルセンの小説『即興詩人』に登場する歌姫→アヌンチャタ
Q431・ゴルバチョフの前任者であるソビエト連邦の最高指導者→チェルネンコ
Q432・451年のフン族と西ローマ帝国の戦いは「○○○○○○の戦い」?→カタラウヌム
Q433・西郷隆盛や板垣退助が推し進めた武力で朝鮮を開国させる考え→せいかんろん
Q434・「武断政治」に対して→ぶんちせいじ
Q435・「真田十勇士」の一人です→ねづじんぱち
Q436・戦国時代に活躍した水墨画家です→はせがわとうはく
Q437・元禄時代、幕府の御用絵師として活躍した大和絵の名手→とさみつおき
Q438・日韓基本条約を締結した韓国の大統領→パクチョンヒ
Q439・ロシアのサンクトペテルブルグにある有名な美術館です→エルミタージュ
Q440・アカデメイアの第2代学頭を務めたギリシャの哲学者です→スペウシッポス
Q441・20世紀アメリカが生んだポップアートの巨匠→ウォーホル
Q442・有名人の肖像を多く残したイタリアの銅版画家→キヨソーネ
Q443・小説『青い花』を書いた18世紀ドイツの作家は?→ノヴァーリス
Q444・川がほとばしるように勢いよく喋ることのたとえ→けんがのべん
Q445・リベラ、オロスコと共にメキシコ壁画の三大巨匠と呼ばれる画家→シケイロス
Q446・カナダのケベックを建設したフランスの探検家→シャンプラン
Q447・銅版画を作成する際の技法のひとつです→ドライポイント
Q448・1960年にスリランカに誕生した世界初の女性首相→バンダラナイケ
Q449・絵画『モナリザ』にひげをつけたマルセル・デュシャンの作品です→LHOOQ
Q450・シリアの総督であったウマイヤ朝の初代カリフ→ムアーウィヤ
Q451・作家アイスキュロスの代表作は『○○○○○○三部作』?→オレステイア
Q452・東京都の芝公園にある徳川将軍家代々の菩提寺→ぞうじょうじ
Q453・宮沢賢治の小説『銀河鉄道の夜』に登場する主人公の親友→カムパネルラ
Q454・代表作に『アメリカの鱒釣り』がある20世紀アメリカの作家→ブローティガン
Q455・ポップ・アートを代表するアメリカの画家です→リキテンスタイン
Q456・江戸幕府で老中を補佐しました→わかどしより
Q457・「ごめんなさい」「失礼ですが」などの意味で使われる英単語→PARDON
Q458・詩集『夜のガスパール』で有名な19世紀フランスの詩人→ベルトラン
Q459・フランスの画家ワトーの代表作は『○○○○島への船出』?→シテール
Q460・ヘレニズム文化が栄えた小アジア西部の古都→ペルガモン
Q461・12世紀に中央アジアに栄えた契丹族の国・西遼の現地名は?→カラキタイ
Q462・「真田十勇士」の一人です→あなやまこすけ
Q463・徳川家康はここで武田信玄に敗れました→みかたがはら
Q464・代表作に『死の島』があるスイス生まれの画家です→ベックリン
Q465・カエサルとポンペイウスが戦ったのは○○○○○○の戦い?→ファルサロス
Q466・フランスの作家スタンダールの小説デビュー作です→アルマンス
Q467・19世紀イギリスの女流作家ジョージ・エリオットの小説→ミドルマーチ
Q468・紀元前447年、テーベ中心の都市連合ができたギリシャの地方→ボイオティア
Q469・大塩平八郎の乱と同年の1837年に越後柏崎で乱を起こした人物→いくたよろず
Q470・代表作にサン・ロレンツォ教会があるルネサンス最大の建築家→ブルネレスキ
Q471・パルティア最盛期の王は○○○○○○1世?→ミトラダテス
Q472・「叫び声」や「悲鳴」という意味がある英単語です→SHRIEK
Q473・英語を取り入れて造られたくだけたフランス語のことです→フラングレ
Q474・動物、特に牛の絵を多く残したフランス・バルビゾン派の画家→トロワイヨン
Q475・1538年オスマン帝国がスペインに勝利したのは○○○○○の海戦?→プレヴェザ
Q476・17世紀オランダで活躍した風景画家です→ロイスダール
Q477・ナポレオンが生まれたコルシカ島の都市→アジャクシオ
Q478・ポルトガルの初代インド総督を務めた軍人→アルメイダ
Q479・代表作に『空間の鳥』があるルーマニア出身の彫刻家です→ブランクーシ
Q480・トンボの古い呼び名に由来する和歌で「大和」にかかる枕言葉→あきつしま
Q481・明の時代に、産業技術説明書の『天工開物』を著しました→そうおうせい
Q482・トルコ初代大統領ケマル・パシャが1934年に得た称号→アタチュルク
Q483・19世紀前半にイタリアのナポリで起った秘密結社→カルボナリ
Q484・代表作に『路上』があるビートジェネレーションの詩人→ケルアック
Q485・紀元前5世紀頃に建国されたエチオピア最古の王国→アクスム
Q486・インドのデリー・スルタン朝第2の王朝は○○○○朝?→ハルジー
Q487・1915年にドイツの潜水艦に撃沈されたイギリスの客船→ルシタニア
Q488・「考え方」「概念」という意味がある英単語です→NOTION
Q489・「試行錯誤説」で知られるアメリカの心理学者です→ソーンダイク
Q490・1955年から57年に迎えた好況→じんむけいき
Q491・エリート層の世襲貴族を指した古代ローマにおける階級です→パトリキ
Q492・2003年にノーベル文学賞を受賞した南アフリカの作家→クッツェー
Q493・1947年に設立された共産党・労働者党情報局→コミンフォルム
Q494・14世紀末にカルマル同盟を結び北欧3国を統一した女王→マルグレーテ
Q495・文学や美術、思想における模倣や亜流を指す言葉→エピゴーネン
Q496・メルビルの小説『白鯨』で主人公たちが乗る捕鯨船の名前は何号?→ピークォッド
Q497・作家フローベールの遺作は『ブヴァールと○○○○○』?→ペキュシェ
Q498・1950年代のアメリカで吹き荒れたいわゆる「赤狩り旋風」→マッカーシズム
Q499・詩集『招魂祭』で有名なロシアの詩人です→エセーニン
Q500・「量」を意味する英単語です→QUANTITY
文系キューブ  /  tb: 0  /  cm: 4  /  △top

文系キューブ301~400 

Q301・イスラム王朝の軍事力となったトルコ人などの奴隷→マムルーク
Q302・260年にササン朝がローマを破ったのは○○○○の戦い→エデッサ
Q303・かつて存在したイラン最後の帝国は○○○○○○朝?→パフレヴィー
Q304・小説『星の王子さま』の作者はサン・○○○○○○?→テグジュペリ
Q305・『ウルビノのビーナス』で有名なイタリアの画家です→ティツィアーノ
Q306・古代ローマで非常時に全権を委任された独裁官→ディクタトル
Q307・『ローマ法大全』編纂の中心となった東ローマ帝国の人物→トリボニアヌス
Q308・ジェームズ・ジョイスの代表作は『○○○○○○・ウェイク』?→フィネガンズ
Q309・古代ローマ皇帝・ハドリアヌス帝が建設した都市です→アドリアノープル
Q310・ムガール帝国の領土を最大にした第6代皇帝→アウラングゼーブ
Q311・「近代言語学の祖」といわれるスイスの言語学者→ソシュール
Q312・主君や他人のため力を尽くして働くことを謙って言う言葉です→けんばのろう
Q313・1918年に就任したポーランドの国家主席→ピウスツキ
Q314・ギリシャ神話で、パンドラを妻としたプロメテウスの弟→エピメテウス
Q315・英語の「センチュリー」の語源になった古代ローマの百人隊→ケントゥリア
Q316・1814年のウィーン会議に出席したロシア全権代表団の首席→ネッセルローデ
Q317・1967年にノーベル文学賞を受賞したグアマテラの作家→アストゥリアス
Q318・小説『名犬ラッド』を書いたアメリカの児童文学作家は?→ターヒューン
Q319・エジプト神話に登場する夜をつかさどる女神です→ネフティス
Q320・アフロディテと結婚経験のあるオリンポス12神の1柱→ヘパイストス
Q321・1863年に描かれたフランスの画家エドゥアール・マネの代表作です→オランピア
Q322・小説『アンナ・カレーニナ』に登場するアンナの恋人です→ヴロンスキー
Q323・エジプトのアメンホテップ4世が自称した名前→イクナートン
Q324・小説『海の沈黙』で有名なフランスの作家です→ベルコール
Q325・中国・前漢の時代に衛青とともに匈奴征伐を行った将軍→かくきょへい
Q326・古代エジプト語を解読したフランスの言語学者→シャンポリオン
Q327・カルヴァンによって火刑に処せられたスペインの医師→セルベトゥス
Q328・日本語では「十二月党」と訳されます→デカブリスト
Q329・ものを数える時に使う「本」「冊」「枚」などを指す品詞です→じょすうし
Q330・中国では林邑や占城と呼ばれた2世紀にベトナムに成立した国→チャンパー
Q331・感嘆の意味を含む連語を用いた褒め言葉は「○○○○○の者」?→さりとては
Q332・「多くの物事の中でとりわけ」という意味がある副詞です→なかんずく
Q333・代表作に『知恵の悲しみ』がある帝政ロシア期の作家です→グリボエードフ
Q334・山崎の戦いのとき、筒井順慶はここで形成を伺ったといわれます→ほらがとうげ
Q335・児童文学『森は生きている』で有名な旧ソ連の作家は?→マルシャーク
Q336・ネオダダで活躍した20世紀アメリカの画家→ラウシェンバーグ
Q337・西アフリカのマリ王国の首都として栄えました→トンブクトゥー
Q338・中世イギリスに成立したアングロサクソンの七王国→ヘプターキー
Q339・言動が荒々しいことや声が甲高い様を表す、ある方角を使った言葉→たつみあがり
Q340・「存在理由」といった意味を持つフランス語→レゾンデートル
Q341・「一人一殺」を唱えた井上日召らによる右翼団体→けつめいだん
Q342・「最高の」「至高の」といった意味を持つ英単語です→SUPREME
Q343・19世紀に最盛期を迎えた現在のガーナにあった王国です→アシャンティ
Q344・小説『サンゴ礁の島』で有名な19世紀イギリスの作家です→バランタイン
Q345・紀元前17世紀にヒッタイト帝国の首都が建設された場所→ボアズキョイ
Q346・ササン朝ペルシアの初代皇帝は○○○○○○1世?→アルデシール
Q347・ドイツ語で「影」を意味する単語です→SCHATTEN
Q348・小説『ヒュペーリオン』で知られるドイツの作家は?→ヘルダーリン
Q349・女流作家・荻野アンナの芥川賞受賞作です→せおいみず
Q350・GHQの命令により共産主義者が公職追放されました→レッドパージ
Q351・自分の知識が少ないと謙譲する言い回しです→かぶんにして
Q352・インド、デリー・スルタン朝の3番目の王朝は○○○○○朝?→トゥグルク
Q353・『ブレダの開城』などを描いた17世紀スペインを代表する画家→ベラスケス
Q354・「年報」「年鑑」を意味する英単語です→ANNUAL
Q355・「創造する」という意味の英単語です→CREATE
Q356・1991年に誕生したフランス初の女性首相→クレッソン
Q357・ポル・ポト派と呼ばれたカンボジアの政党→クメールルージュ
Q358・ドイツ語で「両親」を意味する単語です→ELTERN
Q359・フランスの作家サルトルの小説『嘔吐』の主人公は?→ロカンタン
Q360・1988年に27歳で亡くなったアメリカの画家です→バスキア
Q361・ハイデッガーとのダヴォス討論で有名なドイツの哲学者です→カッシーラー
Q362・紀元前338年にマケドニア軍とアテネ・テーベ軍が衝突した場所→カイロネイア
Q363・スターリンに粛清されたソ連の政治家です→ジノヴィエフ
Q364・スターリンに粛清されたソ連の政治家です→カーメネフ
Q365・「隣人」を意味するドイツ語の男性名詞です→NACHBAR
Q366・百年戦争でイギリスが失ったフランス南西部の地方→ギュイエンヌ
Q367・小説『スペードの女王』で有名なロシアの作家です→プーシキン
Q368・作家・三島由紀夫の本名です→ひらおかきみたけ
Q369・アメリカの作家セオドア・ドライサーの代表作です→シスターキャリー
Q370・小説『静かなドン』で有名なロシアのノーベル賞作家は?→ショーロホフ
Q371・ギニアの初代大統領の名前は○○・○○○○?→セクトゥーレ
Q372・「あれこれと思い迷う」という意味の言葉です→とつおいつ
Q373・紀元前8世紀頃、南ロシアで活躍したイラン系遊牧騎馬民族→スキタイ
Q374・1831年に青年イタリア党を結成したイタリアの革命家→マッツィーニ
Q375・中国名を「南懐仁」というベルギー出身のイエズス会宣教師→フェルビースト
Q376・インド南部のケララ州などで話されている言語→マラヤーラム
Q377・1977年には芥川賞も受賞した日本の芸術家です→いけだますお
Q378・小説『みつばちマーヤの冒険』を書いたドイツの作家は?→ボンゼルス
Q379・妻イーダをモデルにした作品で知られるデンマークの画家→ハンマースホイ
Q380・旧ソ連時代に検閲を逃れて地下で出版された書物のこと→サミズダート
Q381・『カナの婚礼』で有名な16世紀イタリアの画家です→ベロネーゼ
Q382・ノーマン・メイラーの小説『裸者と死者』の舞台となる島→アノポペイ
Q383・代表作に『マルドロールの歌』がある19世紀フランスの詩人→ロートレアモン
Q384・「望ましい」という意味の古文の言葉です→あらまほし
Q385・太平洋戦争末期にパラオで起きた激戦は「○○○○○の戦い」?→ペリリュー
Q386・パリを拠点に作品を発表したハンガリーの写真家→ブラッサイ
Q387・ケニアの初代大統領はジョモ・○○○○○?→ケニヤッタ
Q388・フランス語で「戦後」という意味の、戦後の若者を指す言葉→アプレゲール
Q389・新年に使う薪を伐採するという意味がある、俳句の冬の季語→としきこり
Q390・11世紀頃にインドに成立した王朝は○○○○○○朝?→カーカティヤ
Q391・:「仲間」「同僚」を意味するフランス語の単語です→CAMARADE
Q392・倉橋由美子の小説の題名にもあるドイツ語で「党」を意味する言葉→パルタイ
Q393・代表作に『半獣神の午後』がある19世紀フランスの詩人→マラルメ
Q394・小説『クリスマス・キャロル』に登場する老人の主人公です→スクルージ
Q395・世界で最初といわれる労働者による自治政府→パリコミューン
Q396・ルネサンス期に活躍したドイツの画家です→クラナッハ
Q397・フランス語で、数字の4をこう言います→QUATRE
Q398・オーストリアの小説家シュニッツラーの代表作→アナトール
Q399・ローマ皇帝の迫害を受け各地に離散したユダヤ人→ディアスポラ
Q400・ヒトラー死後に大統領を務めた軍人はカール・○○○○○?→デーニッツ
文系キューブ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

文系キューブ201~300 

Q201・レールモントフの小説『現代の英雄』の主人公→ペチョーリン
Q202・フランス語で数字の3をこう言います→TROIS
Q203・アリストファネスの喜劇『女の議会』の主人公です→プラクサゴラ
Q204・映画監督としても活躍する新表現主義の画家です→シュナーベル
Q205・反フィリッポス演説で知られる古代ギリシャの雄弁家→デモステネス
Q206・小説『デルス・ウザーラ』を書いたロシアの作家です→アルセニエフ
Q207・「就」という漢字の部首です→だいのまげあし
Q208・銅版画を作成する際の技法のひとつです→アクアチント
Q209・サマセット・モームが自身の経験を元にして書いた小説→アシェンデン
Q210・バビロニア神話に登場する7つの頭を持つ蛇の怪物→ムシュマッヘ
Q211・哲学者ブレーメンベルクが自らの思想を指して言った言葉→メタフォロロギー
Q212・ライト兄弟はこの地で人類初の動力飛行機の飛行に成功しました→キティホーク
Q213・戯曲『犀』『禿の女歌手』で有名なフランスの劇作家→イヨネスコ
Q214・コルテスが人質としたアステカの王は○○○○○2世?→モクテスマ
Q215・マルティン・ルターに協力したヴィッテンベルク大学の教授→メランヒトン
Q216・「水分が多い」という意味の英単語です→JUICY
Q217・かつてモンゴル帝国で行われた駅伝制度のことを何という?→ジャムチ
Q218・1688年にイギリスで起こった名誉革命の中心勢力の通称→ジャコバイト
Q219・1919年、革新運動を行う国家主義者を中心に結成された結社→ゆうぞんしゃ
Q220・インドの古代国家クシャーナ朝の首都→プルシャプラ
Q221・16世紀のスペインで始まった悪漢小説のことを何という?→ピカレスク
Q222・1984年にノーベル文学賞を受賞したチェコスロバキアの作家→サイフェルト
Q223・モネの名作『印象・日の出』を所蔵するフランスの美術館→マルモッタン
Q224・「酒」という漢字の部首です→ひよみのとり
Q225・後ウマイヤ朝の最盛期を作ったアブド・○○○○○○○3世?→アッラフマーン
Q226・ヘラクレスに12の難行を与えたギリシャ神話の登場人物です→エウリュステウス
Q227・議論や意見などがやかましい様子をいった言葉です→かまびすしい
Q228・無責任に他人の噂や批評を行なう様子をいった言葉→くちさがない
Q229・秀吉の侵略を阻止した朝鮮の英雄→りしゅんしん
Q230・「乙甲」から来ているという説がある、優劣のないこと→おっつかっつ
Q231・バビロニア神話に登場するサソリの尾を持つ半獣です→ギルタブルル
Q232・『三大陸周遊記』を著した旅行家はイブン・○○○○○○?→バットゥータ
Q233・小説『さかしま』で有名なフランスの作家です→ユイスマンス
Q234・詩集『指輪と本』で有名な19世紀イギリスの詩人は?→ブラウニング
Q235・小説『ガリバー旅行記』に登場する馬の国は?→フウイヌウム
Q236・メルビルの小説『白鯨』で主人公たちが乗る捕鯨船の名前は何号?→ピークォッド
Q237・たいへん堅苦しい様子に使われる形容詞です→しかつめらしい
Q238・「使ひ」という語を導き出す枕詞です→たまづさの
Q239・ニューヨーク・ダダの一員だったフランスの画家です→ピカビア
Q240・数理経済学の始祖とされるフランスの経済学者です→クールノー
Q241・ギリシア神話のトロイ戦争で活躍したアキレスの部下→パトロクロス
Q242・「権謀術数主義」と訳されます→マキャベリズム
Q243・ドイツの都市カッセルで5年に一度行われる美術展→ドクメンタ
Q244・絵画の「野獣派」という言葉の生みの親である批評家です→ボークセル
Q245・「あくび」を意味する英単語→YAWN
Q246・斉明天皇のとき蝦夷征伐を行った武将→あべのひらふ
Q247・イタリア半島に都市国家を築いた先住民族は何人?→エトルリア
Q248・詩集『草の葉』で知られる19世紀アメリカの詩人は?→ホイットマン
Q249・舞台化もされたコロンビアの作家ガルシア=マルケスの小説です→エレンディラ
Q250・ギリシャ神話に登場するアキレスの息子です→ネオプトレモス
Q251・18世紀にはバルチック艦隊の本拠地となった軍港→クロンシュタット
Q252・ゼウスとの間に9人のミューズを生んだギリシア神話の女神→ムネモシュネ
Q253・『カップルズ』『走れウサギ』などの小説があるアメリカの作家→アップダイク
Q254・「馬」を意味するフランス語の単語です→CHEVAL
Q255・シュメール人が建設した古代メソポタミアの都市遺跡→ニップル
Q256・フランス革命期の裏切り行為で有名なフランスの軍人です→デュムーリエ
Q257・5~6世紀頃に中央アジアで活躍したイラン系騎馬遊牧民族→エフタル
Q258・ソロンと袂を分かった古代アテネの僭主は?ペイシストラトス
Q259・憲法愛国主義を唱えたドイツの哲学者です→ハーバーマス
Q260・909年に北アフリカに建国されたイスラム王朝は○○○○○○朝?→ファーティマ
Q261・「洋服」という意味の英単語です→CLOTHING
Q262・イギリスのEC加盟を認めたフランスの大統領→ポンピドゥー
Q263・「舗装された道路」を意味する英単語です→PAVEMENT
Q264・「案の定」「やはり」といった意味の言い回しです→はたせるかな
Q265・レオナルド・ダ・ビンチの師匠として有名な画家です→ヴェロッキオ
Q266・常設のコレクションを持たず企画展に重点を置く美術館→クンストハレ
Q267・ドストエフスキーの小説『カラマーゾフの兄弟』の三男→アリョーシャ
Q268・芥川龍之介の小説『奉教人の死』の主人公→ろおれんぞ
Q269・バーブルの子であるムガール帝国の第2代皇帝→フマーユーン
Q270・アメリカで女性初の大統領候補はビクトリア・○○○○○?→ウッドハル
Q271・1632年の三十年戦争の激戦は○○○○○○の戦い?→リュッツェン
Q272・サラミスの海戦でペルシャを撃破したアテナイの軍人→テミストクレス
Q273・カンボジアの独立を達成しその後の混乱を渡り歩いた国王→シハヌーク
Q274・1241年のモンゴル帝国の戦いは○○○○○○○○の戦い?→ワールシュタット
Q275・『地中海』『イルドフランス』で有名なフランスの彫刻家は?→マイヨール
Q276・小説『八十日間世界一周』に登場する主人公の従者です→パスパルトゥ
Q277・絵画を描く時に用いる定着剤のことです→フキサチーフ
Q278・小説『婚約者』で有名なイタリアの作家は?→マンゾーニ
Q279・ササン朝ペルシアの2代皇帝は○○○○○○2世?→シャープール
Q280・ゼウスの起こした洪水を生き延びたギリシア神話の人物→デウカリオン
Q281・日ソ共同宣言に署名しました→ブルガーニン
Q282・「時が経てば物事は自然に成功する」という意味の故事成語→すいとうきょせい
Q283・ディストピア小説『われら』で知られるロシアの作家→ザミャーチン
Q284・紀元前8世紀ごろのギリシャでポリスを形成した民の「集住」→シノイキスモス
Q285・古代ローマの凱旋将軍の称号→インペラトル
Q286・493年に東ゴート王国を建国した人物です→tテオドリック
Q287・代表作に『画家のアトリエ』がある19世紀フランスの画家→クールベ
Q288・バルザックの小説『人間喜劇』シリーズに登場する名医です→ビアンション
Q289・ノーマン・メイラーの小説『裸者と死者』の舞台となる島→アノポペイ
Q290・ここで羽柴秀吉が柴田勝家を破りました→しずがたけ
Q291・1956年の詩集『吠える』で有名なビート・ジェネレーションの詩人→ギンズバーグ
Q292・クリムトやシーレと並び称されるオーストリアの画家です→ココシュカ
Q293・『大山鳴動して鼠一匹』という言葉を残した古代ローマの詩人→ホラティウス
Q294・律令制度における五畿七道のうち九州と周辺の島々は何といった?→さいかいどう
Q295・ピサロやコルテスに代表される「征服者」という意味の言葉→コンキスタドール
Q296・「雲」「衣」などの言葉に共通してかかる枕詞→しろたへの
Q297・「なぞなぞ」という意味がある英単語です→RIDDLE
Q298・小説『黒の過程』で有名なフランスの女流作家→ユルスナール
Q299・アポリネールが命名した抽象絵画の一派です→オルフィスム
Q300・「努力」を意味する英単語です→EFFORT
文系キューブ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

文系キューブ101~200 

Q101・小説『三角帽子』で有名な19世紀スペインの作家です→アラルコン
Q102・小説『あしながおじさん』の作者はジーン・○○○○○○?→ウェブスター
Q103・フランスの詩人アポリネールの代表作は『○○○○橋』?→ミラボー
Q104・イギリスのカートライトが発明した紡績機→りきしょっき
Q105・同じ境遇でも心のうちは違うという意味の熟語です→どうしょういむ
Q106・長い首や細長い顔を特徴とするエコール・ド・パリの画家→モディリアニ
Q107・作家ヴォネガットの代表作は『○○○○○○○○5』?→スローターハウス
Q108・スリランカの首都の名の由来となった、同国の元大統領→ジャヤワルデネ
Q109・小説『アタラ』『ルネ』で有名なフランスの作家です→シャトーブリアン
Q110・かつて現在のシリア西部に存在した古代都市国家です→ウガリット
Q111・20世紀の初頭に誕生した絵画の一派です→キュビスム
Q112・誰もが欲しくてたまらないものです→すいぜんのまと
Q113・小説『蠅の王』で有名なイギリスの作家です→ゴールディング
Q114・別名を郎世寧といった、中国の清朝に使えたイエズス会宣教師→カスティリオーネ
Q115・英語の「marriage」に当たるフランス語の言葉→マリアージュ
Q116・インダス文明を生んだとされる民族は「何人」?→ドラヴィダ
Q117・2年に一度開催される、国際的な展覧会のことを何という?→ビエンナーレ
Q118・1991年にノーベル文学賞を受賞した南アフリカの作家→ゴーディマ
Q119・「成長の限界」を提言した世界の知識人による団体→ローマクラブ
Q120・紀元前16世紀頃メソポタミア北部にフルリ人が建国した国→ミタンニ
Q121・ワーズワースとの共著『抒情詩集』で有名な詩人→コールリッジ
Q122・徳川秀忠・家光・家綱の3代に仕えた江戸時代の武将→いいなおたか
Q123・チェーホフの小説『三人姉妹』で主人公の姉妹は何家の姉妹?→プローゾロフ
Q124・日本麻雀連盟初代総裁も務めた明治生まれの作家→きくちかん
Q125・アメリカ独立戦争と七月革命で活躍したフランスの軍人→ラファイエット
Q126・ベルベル人が興した北アフリカのイスラム王朝→ムラービト
Q127・1894年、治外法権を撤廃する条約改正に成功した外務大臣→むつむねみつ
Q128・ラテン語で「第一の市民」を意味するオクタヴィアヌスの称号→プリンケプス
Q129・1938年にドイツが併合したチェコとの国境付近の地域→ズデーテン
Q130・豊臣秀吉の正室です→こうだいいん
Q131・応天門の変をおこした平安時代の大納言→とものよしお
Q132・『ソクラテスの思い出』を著した古代ギリシャの文筆家・将軍→クセノフォン
Q133・古代エジプトのファラオラムセス2世王妃です→ネフェルタリ
Q134・1949年に西ドイツの初代首相に就任した政治家です→アデナウアー
Q135・韓国の初代大統領です→イスンマン
Q136・メキシコにあるマヤ文明の遺跡です→パレンケ
Q137・やっとのことで逃げ出す様子です→ほうほうのてい
Q138・約200年にわたるローマ帝国の黄金時代→パックスロマーナ
Q139・現在使われている、一般的にイギリス連邦を指す用語→コモンウェルス
Q140・平将門を主人公にした軍記物語→しょうもんき
Q141・エジプト司令官としてファショダ事件を起こしたイギリスの軍人→キッチナー
Q142・1793年、清の乾隆帝に謁見したイギリスの外交官→マカートニー
Q143・ムガール帝国の徴税請負地主のことを何という?→ザミンダール
Q144・「議論」「論争」を意味する英単語です→ARGUMENT
Q145・1934年にノーベル文学賞を受賞したイタリアの作家→ピランデルロ
Q146・柳田国男はこの人の話を『遠野物語』にまとめました→ささききぜん
Q147・第一次世界大戦後のパリ会議に出席したフランス首相→クレマンソー
Q148・宮沢賢治の小説『竜と詩人』に登場する竜です→チャーナタ
Q149・小説『レ・ミゼラブル』で主人公ジャンが市長となった都市→モントルイユ
Q150・メソポタミアの都市国家ラガシュの主→ウルカギナ
Q151・三十年戦争で活躍したオーストリアの傭兵隊長です→ワレンシュタイン
Q152・第一次世界大戦が勃発した当時のドイツ帝国首相です→ホルヴェーク
Q153・「白の時代」で有名なエコール・ド・パリの画家→ユトリロ
Q154・小説『ル・シッド』で有名な17世紀フランスの劇作家→コルネイユ
Q155・875年、唐の末期に起きた「黄巣の乱」の中心人物です→おうせんし
Q156・小説『蒼ざめた馬』で知られるロシアの作家→ロープシン
Q157・「邪魔する」という意味の英単語です→DISTURB
Q158・フランス東インド会社の拠点となった都市です→ポンディシェリ
Q159・小説『裸の王様』で芥川賞を受賞した作家です→かいこうたけし
Q160・「世界の結び目」と呼ばれたヘレニズム文化の中心地→アレクサンドリア
Q161・フランスの哲学者・アベラールとの往復書簡で知られる彼の弟子→エロイーズ
Q162・フランス語で「のん気な」→ノンシャラン
Q163・詩集『ミラボー橋』で有名なフランスの詩人です→アポリネール
Q164・宗教改革や遷都などを行ったエジプト新王国の王は何4世?→アメンホテプ
Q165・女優サラ・ベルナールを描いた画家ミュシャの代表作です→ジスモンダ
Q166・ウィーン会議を主宰したオーストリアの政治家→メッテルニヒ
Q167・町人請負新田として知られる越後国蒲原郡の干拓地→しうんじがた
Q168・明治憲法の制定に尽力したドイツの法学者→ロエスレル
Q169・1864年にロシア帝国に置かれた地方自治体の機関→ゼムストボ
Q170・ドイツのヨハン・シュライヤーが生み出した人工言語です→ヴォラピューク
Q171・「殴る」という意味の讃岐弁の動詞です→くらっしゃげる
Q172・国際連合の初代事務総長は○○○○・○○?→トリグブリー
Q173・「とても親密な友情」を意味する故事成語です→ばつぼくのちぎり
Q174・20世紀に活躍したフランスのマルクス主義哲学者です→アルチュセール
Q175・「ミスター・ニエット」と呼ばれたソ連の外交官→グロムイコ
Q176・一般に「人類」という意味がある英単語です→MANKIND
Q177・オスカー・ワイルドの小説『サロメ』の挿絵を描いた画家→ビアズリー
Q178・ベルリンの壁を構築した東ドイツの首相→ウルブリヒト
Q179・パン・イスラム主義を唱え西アジア各地を回った思想家→アフガーニー
Q180・中国の「新」を滅ぼした農民反乱→せきびのらん
Q181・モスクワにある、ロシアの画家の作品が多く収められた美術館→トレチャコフ
Q182・「花飾り」という意味があるルネサンス期のイタリアの画家→ギルランダイオ
Q183・1215年イギリスのジョン王がマグナ・カルタに署名した場所→ラニーミード
Q184・罪刑法定主義の基礎を作り近代刑法学の父といわれた法学者→フォイエルバッハ
Q185・1936年、ドイツが軍隊を進駐させた非武装地帯→ラインラント
Q186・東ローマ帝国最後の王朝は○○○○○○朝?→パレオロゴス
Q187・1848年にフランスで起きた二月革命の指導者です→ラマルティーヌ
Q188・6世紀~14世紀に中国北西部で活躍したチベット系民族→タングート
Q189・セレウコス朝シリアの首都となった都市です→アンティオキア
Q190・『ガリア戦記』第8巻の書いたカエサルの部下は?→ヒルティウス
Q191・『わが名はアラム』『人間喜劇』で有名なアメリカの作家です→サローヤン
Q192・動物学者・丘浅次郎が創案した人工言語です→ズィレンゴ
Q193・作家のマルキ・ド・サドが亡くなった精神病院の名前は?→シャラントン
Q194・キリスト教徒からの改宗者を中心としたオスマン帝国の常備歩兵→イェニチェリ
Q195・モリエールの小説『人間ぎらい』で主人公が恋に落ちる未亡人→セリメーヌ
Q196・マラトンの戦いで活躍したアテネの将軍です→ミルティアデス
Q197・1912年にノーベル文学賞を受賞したドイツの作家です→ハウプトマン
Q198・90歳という意味がある言葉です→ここのそじ
Q199・20世紀に活躍したフランスのマルクス主義哲学者です→リオタール
Q200・赤シャツ隊を率いてイタリア統一に貢献しました→ガリバルディ
文系キューブ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

文系キューブ1~100 

Q1・1370年から1500年までティムール朝の首都でした→サマルカンド
Q2・万物は土、水、火、風の四元素から成るとした哲学者です→エンペドクレス
Q3・主君である大内義隆を自害させ大内家を掌握した武将→すえはるかた
Q4・立志社建白書や日本国国憲按を起草した明治前期の運動家→うえきえもり
Q5・アナトール・フランスの小説『タイス』の主人公である修道士→パフニュス
Q6・19世紀ロシアで活動した知識階級の革命家→ナロードニキ
Q7・816年に空海が創設した真言宗の総本山→こんごうぶじ
Q8・ロシアの革命派を弾圧した20世紀の政治家→ストルイピン
Q9・ドストエフスキーの小説『白痴』の主人公→ムイシュキン
Q10・ベルベル人が興した北アフリカのイスラム王朝→ムワッヒド
Q11・小説『砲火』『クラルテ』で有名なフランスの作家です→バルビュス
Q12・新大陸への毛織物輸出で栄えたネーデルランド南部の都市→アントワープ
Q13・初めて地動説を唱えた古代ギリシャの天文学者→アリスタルコス
Q14・小説『アメリカの悲劇』で知られるアメリカの作家です→ドライサー
Q15・古代ギリシャにおける三大悲劇詩人の1人です→エウリピデス
Q16・喜劇『こわれがめ』で有名なドイツの劇作家は?→クライスト
Q17・英語で「出入国管理」を指す言葉です→イミグレーション
Q18・1938年以降、外相としてナチスの外交を担当→リッベントロップ
Q19・『三国志』の故事に由来する愚かで進歩のない人を指す言葉→ごかのあもう
Q20・アレキサンダー大王の「後継者」→ディアドコイ
Q21・小説『失われた時を求めて』で有名なフランスの作家は?→プルースト
Q22・宗教改革でスコットランドのカルヴァン派はこう呼ばれました→プレスビテリアン
Q23・迅速な様子を表す中国語の単語です→カイカイデー
Q24・「それではまた」という意味のスペイン語の別れのあいさつ→アスタルエゴ
Q25・第一次世界大戦中の1917年に起きた事件は○○○○○○○電報事件?→ツィンメルマン
Q26・芥川龍之介の小説『神神の微笑』の主人公です→オルガンティノ
Q27・トロイアやミュケナイなどエーゲ文明の遺跡を発見しました→シュリーマン
Q28・スイスで宗教革命を行いました→ツヴィングリ
Q29・西ローマ帝国最後の皇帝はロムルス・○○○○○○○○?→アウグストゥルス
Q30・五箇条の御誓文の原案を作成した福井県藩士→ゆりきみまさ
Q31・「もっともなことだ」という意味の表現です→むべなるかな
Q32・唐・玄宗皇帝の政権下の安定した時代→かいげんのち
Q33・陶片追放の制度を定めた古代アテネの政治家です→クレイステネス
Q34・7~9世紀まで続いた遣唐使の別名です→よつのふね
Q35・著書『エチカ』で有名な17世紀おらんだの哲学者→スピノザ
Q36・「高貴な人にお目にかかる」という意味の古語です→げんざんにいる
Q37・第76回直木賞を受賞した三好京三の小説です→こそだてごっこ
Q38・美術における風景がのことを英語で何という?→ランドスケープ
Q39・オスカー・ワイルドの小説『サロメ』の挿絵を描いた画家→ビアズリー
Q40・著書『インド誌』で知られる中世イスラムの科学者・旅行者→ビールーニー
Q41・11世紀ペルシアの詩人オマル・ハイヤームの代表作→ルバイヤート
Q42・「世界の半分」と呼ばれたサファヴィー朝の都→イスファハーン
Q43・大和の郡山城主であった豊臣秀吉の五奉行の一人→ましたながもり
Q44・シュールレアリズムの画家ルネ・マグリットの代表作です→だいかぞく
Q45・「荒っぽく粗野である」という意味の表現です→ざっかけない
Q46・宗教改革時にドイツ農民戦争を指揮した説教師→ミュンツァー
Q47・フランスのノーベル賞作家ロマン・ロランの小説です→クレランボー
Q48・松尾芭蕉の臨終を題材にした芥川龍之介の小説です→かれのしょう
Q49・『春秋左氏伝』を出典とする互いに無関係な事柄を表す言葉→ふうばぎゅう
Q50・アイヌ、ニブフとともに樺太に暮らしていた先住民族→ウィルタ
Q51・シャトーブリアンの『アタラ』でアタラと恋に落ちる青年です→シャクタス
Q52・著書に『19世紀ドイツ史』がある19世紀ドイツの歴史家→トライチュケ
Q53・ポエニ戦争を背景にしたフローベールの小説です→サランボー
Q54・小説『ガリバー旅行記』を書いたイギリスの作家です→スウィフト
Q55・エロイーズとの往復書簡で知られるフランスの哲学者→アベラール
Q56・3年ごとに開かれる国際美術展のことです→トリエンナーレ
Q57・奴隷制廃止後のアメリカに現れた「分益小作人」と訳される身分→シェアクロッパー
Q58・1917年にノーベル文学賞を受賞したデンマークの作家です→ポントピダン
Q59・リュケイオンの第2代学長を務めたギリシャの哲学者です→テオフラストス
Q60・1928年にノーベル文学賞を受賞したノルウェーの女流作家→ウンセット
Q61・「頭痛が痛い」「馬から落馬」のような同語反復のこと→トートロジー
Q62・「恥ずかしく感じること」を意味する言い回しです→かんがんのいたり
Q63・冬の風景画を得意とした17世紀オランダの画家です→アーフェルカンプ
Q64・日本の初代文部大臣です→もりありのり
Q65・戯曲『セビリアの理髪師』や『フィガロの結婚』の作者は?→ボーマルシェ
Q66・議論や意見などがやかましい様子をいった言葉です→かまびすしい
Q67・殺人事件を起こしたイタリアの画家です→カラバッジオ
Q68・エミリー・ブロンテの小説『嵐が丘』の主人公は?→ヒースクリフ
Q69・ソ連のブレジネフ時代に最高会議幹部会議長を務めた政治家→ポドゴルヌイ
Q70・ドストエフスキーの小説『悪霊』の主人公です→スタヴローギン
Q71・アフリカ合衆国の創設を唱えたガーナの初代大統領→エンクルマ
Q72・1721年にイギリスの初代首相となった政治家です→ウォルポール
Q73・売れっ子ライターの薫里を主人公とする、歌人・俵万智の初の小説→トリアングル
Q74・作家としても活躍した19世紀イギリスの首相→ディズレーリ
Q75・三位一体説を確立した初期キリスト教の神父→アタナシウス
Q76・著書に『消費社会の神話と構造』があるフランスの哲学者です→ボードリヤール
Q77・上田敏や堀口大學の訳詩集で有名なフランスの詩人→ヴェルレーヌ
Q78・ピュリスムという絵画の形式を提唱したフランスの画家です→オザンファン
Q79・アフリカ人として最初にノーベル文学賞を受賞した作家→ショインカ
Q80・戯曲『恋愛三昧』『アナトール』で有名なドイツの作家は誰?→シュニッツラー
Q81・『存在の耐えられない軽さ』で有名なチェコの小説家→クンデラ
Q82・14世紀イタリアの詩人ペトラルカの代表作→カンツォニエーレ
Q83・1939年にノーベル文学賞を受賞したフィンランドの作家→シランペー
Q84・『ふたりのロッテ』『飛ぶ教室』などの小説で有名なドイツの作家→ケストナー
Q85・小学生の伊上洪作を主人公とした作家・井上靖の自伝的小説です→しろばんば
Q86・ヘミングウェイの小説『老人と海』の舞台となった村→コヒマール
Q87・ノーベル文学賞も受賞したイギリスの作家です→キップリング
Q88・「店ののれん」という時の「のれん」に当たる英単語→GOODWILL
Q89・バルザックの小説『ゴリオ爺さん』に登場する謎の大男です→ヴォートラン
Q90・卑弥呼が魏の皇帝から与えられた称号→しんぎわおう
Q91・「万歳事件」とも呼ばれる1919年の朝鮮独立運動です→さんいちじけん
Q92・大正、昭和期の洋画家佐伯祐三の代表作です→コルドヌリ
Q93・代表作に『忘れえぬ女』がある19世紀ロシア移動展派の画家→クラムスコイ
Q94・1969年にソ連軍と中国軍が衝突した島は○○○○○○島?→ダマンスキー
Q95・『かんぬき』『ブランコ』などの作品があるフランスの画家→フラゴナール
Q96・第三共和政の確立に尽くした19世紀フランスの政治家→ガンベッタ
Q97・朝鮮や内モンゴルを征服した清の第2代皇帝→ホンタイジ
Q98・コンゴ動乱の最中、1961年に暗殺されたコンゴの初代首相→ルムンバ
Q99・スタンリーに救出されるまでアフリカで行方不明でした→リビングストン
Q100・著書『インド誌』で知られる中世イスラムの科学者・旅行家→ビールーニー
文系キューブ  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top